京都洛北・ショップねむの木のブログ

京都洛北でヒマラヤ水晶のお守りやアクセサリーを中心に製造販売しているショップねむの木のブログです。ここではアクセサリーの新作情報や水晶や天然石の話などのほか、日々徒然の様々な情報を発信していきます。

ねむの木のアクセサリーやヒマラヤ水晶のお守りアクセサリーの情報などを発信しています。

DSC_0672
アクアマリンのペンダントトップaq067

このアクアマリンは自然なスカイブルーで、
原石から私が加工しました。
なので、
このアクアマリンの特徴である表面をできるだけ残すようにしました。
DSC_0525

木の皮のようにきれいな筋が現れていたのでそれを残したかったのです。

宝石の場合、
原石の時はg表示なのですが、
加工されたものはカラット表示が標準だそうです。
私が加工したので一応カラット表示なので、
7カラットのアクアマリンになります。

原石に毛が生えたような加工なので、
原石アクセサリーがお気に入りの方にもいいのでは。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。


DSC_0666
ゴシュナイトのペンダントトップaq066

アクアマリンはベリル(緑柱石)という宝石類のスカイブルーのものを言います。
このアクセサリーの石もベリルでアクアマリンだと思っていたのですが、
あまりにも色が薄いので、
アクアマリンと言っていいのかどうか迷いましたが、
ベリルの透明な石はゴシュナイトという名前があるので、
ゴシュナイトとしました。
ふと本当に淡いスカイブルーのように見える瞬間もあるにはあるのですが、
光の屈折の影響もありそうなので。

エメラルドもベリルの緑色のものを言います。
というようにベリルには6つの色分けがあり、
それぞれに宝石名が付いています。
エメラルドとアクアマリン以外の名前は微妙に違っていたりします。
やはり認知度が低かったり、
希少なためベリルとは思われていなかったとかあるようです。
ゴシュナイトも無色なのにファイヤー・ベリルとも呼ばれます。
赤色のものはレッド・ベリルと呼ばれたり、
ビクスバイトと呼ばれたりしています。
この作品に興味のある方はcreemaさん内の京都ねむの木に出品中です。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6385880

NASAが今回火星に着陸したパーサビアランスが送ってきた映像と音を公開しましたね。
早い対応ですね。


記事からは音と映像は見ることが出来なかったのですが、
今朝、NHKが動画と音を流してくれました。
動画は中々迫力があってすごいな、と思いましたが、
音に関しては”?”という感じで、
正直感動なかったですね。

しかし、ほかの惑星の音が初めて録音されたわけで、
これは科学的な価値どうこうより、
世紀の録音ですよね。

今後火星探査は月探査と同じように加速されていくことでしょう。
民間ロケットが商業化できてきたので、
年間発射回数がどんどん増えてくるでしょう。
そうなれば打ち上げ価格も下がり、打ち上げ能力も上がってくるので、
宇宙ステーションもどんどん地球から離れたところに置かれるのではないでしょうか。

想像がどんどん膨らみますが、
今回の探査車が生命の痕跡を発見できるのかどうかも楽しみですね。
edlpercymars_1280x960
(Yahoo!検索画像からお借りしました)

このページのトップヘ